●岐阜県高根村千町牧場(バックは乗鞍岳)

山と水の織りなすすばらしい自然、夏涼しく、冬は寒さが厳しい飛騨の地
山々から湧き出る美しい水、澄んだ空気
真夏でも雪をいただく3,000メートル級の飛騨山脈を望む緑豊かな牧場
牛を飼う人々のやさしさ、愛情、牛との対話
これら総てがおいしい「飛騨牛」を作り上げています

―――飛騨牛とは―――
   「飛騨牛」とは岐阜県内で14ヶ月以上肥育された黒毛和種で、日本食肉格付協会の実施する枝肉格付けにおいて肉質等級5等級・4等級・3等級に認定された牛肉のみに与えられる銘柄です。現在弊社の取扱い飛騨牛は「安福号」の血統にこだわって仕入れております。

―――飛騨牛の味―――
   とても霜降りが多く、色はきれいな薄いピンク色をしています。筋肉の繊維が大変細かく食感がやわらかい牛肉です。味はくどさがまったくなく、旨味たっぷりの甘味を感じることが出来ます。とてもさっぱりしてやわらかいので子供からお年寄りまでおいしく召し上げることができる牛肉です。

―――飛騨牛の始祖 名牛「安福号」―――
   おいしい肉牛を育てるためには血統がとても大切です。生まれた牛の5代前までの血統でその牛の価値が決まるとも言われています。もちろん飛騨牛も血統を大切に育てられています。飛騨牛の血筋を逆にたどると必ず「安福号」にたどり着きます。
   「安福号」は昭和56年から飛騨にある岐阜県肉用牛試験場にて飼育されました。「安福号」の名前は当時の県知事である上松陽助氏によってつけられたものです。以来「安福号」の血を受け継ぐ牛は30000頭以上、そしてその産子は第5回、第6回全国和牛能力共進会において優秀賞を受賞するなど飛騨牛の銘柄確立に貢献しました。

牛肉の部位・・・牛肉の各部位の特徴と適した調理法をまとめました。

HOME